HOME > Muscicapini > Ficedula_zanthopygia
Ficedula_zanthopygia
Yellow-rumped Flycatcher  マミジロキビタキ
SCALE  約 1/1 ( 実物大程 )
SIZE 幅 : 約4.5cm×奥行 : 約10cm×高さ : 約12.5cm
材質 鳥本体・台上部 : ポリウレタン樹脂  目 : グラスアイ
     台 : サクラ クリアーラッカー仕上げ
価格 16800 円
SOLD OUT
枝付きタイプ
SCALE 約 1/1 ( 実物大程 )
SIZE 幅 : 約16cm×奥行 : 約10cm×高さ : 約16cm
材質 鳥本体・枝 : ポリウレタン樹脂  目 : グラスアイ
     台 : サクラ クリアーラッカー仕上げ
価格 19800 円
SOLD OUT

マミジロキビタキ Yellow-rumped Flycatcher Ficedula_zanthopygia LARGE IMAGE

Species Descriptions
この種の説明

分類 Passeriformes Muscicapidae Muscicapini
    スズメ目 ヒタキ科 ヒタキ族 キビタキ属
学名 Ficedula zanthopygia
英名 Yellow-rumped Flycatcher
和名 マミジロキビタキ
全長 13cm
 
トランスバイカリア地方、アムール地方、ウスリー地方、モンゴル東部、中国東北地区、朝鮮半島、中国北部などで繁殖し、冬はマレー半島に渡る。日本では数少ない旅鳥。対馬や舳倉島にはほぼ毎年渡来する。
 
習性はキビタキに似ている。
 
日本では繁殖しない。落葉広葉樹の林で繁殖する。樹洞中に営巣し、キビタキの巣に似ている。卵数は5~6個、白色またはやや赤みのある白色の地に、赤褐色や灰紫色の大小の斑点がある。
 
参考:東海大学出版社 日本産鳥類図鑑